小田原市

桜の小田原、[報徳二宮神社]結婚式の写真に映える!

更新日:

【 二宮金次郎が神様の報徳二宮神社 】

神奈川県小田原市の小田原城内に鎮座する。

明治27年(1894)4月、”二宮尊徳翁(金次郎)”の教えを慕う6カ国(伊勢、三河、遠江、駿河、甲斐、相模)の報徳社の総意により、

生誕地である小田原の、小田原城に創建された。

かの有名な二宮様のご利益をいただきに参りました。

※ 基本情報 ※

ご利益

学業成就、商売繁盛(経営)、災難厄除、出世財福

金次郎のイメージから、学問の神様として親しまれていますが、 借金返済・資産運用を行い、財政再建や農村復興を行ったことから、経営、財福、商売繁盛などお金に関する神様として信仰。

マイご利益

頭が良くなった?w

御祭神

二宮尊徳命(にのみやそんとく)

住所

神奈川県小田原市城内8-10

https://www.google.co.jp/maps/place/%E3%80%92250-0014+%E7%A5%9E%E5%A5%88%E5%B7%9D%E7%9C%8C%E5%B0%8F%E7%94%B0%E5%8E%9F%E5%B8%82%E5%9F%8E%E5%86%85%EF%BC%98%E2%88%92%EF%BC%91%EF%BC%90/@35.2498495,139.1514247,17z/data=!3m1!4b1!4m5!3m4!1s0x6019a4fa1d1a58a7:0xb4f47fa3ae096cab!8m2!3d35.2498451!4d139.1536187

駐車場は周辺にあるが、有料だが多数あり。

離れて裏路地の方が安いのでおすすめ。

では、花見と参拝。

参拝は四月五日。

 

参拝レポート!

 

お堀からさっそく桜。

 

 

お堀に鴨。

池の水全部抜く作戦というテレビ番組で掃除されたお堀だが、

そんなに綺麗では無い。。

以前はもっと汚れていたのか。。

 

 

案内に沿って行けば鳥居!

木の鳥居最高。

優しさと受け入れてくれる感ありますね。

 

 
 

立派な支え!さすが二宮さま。足元しっかり。

 

 

鳥居が出来るまでの説明。

 

桜が映える鳥居!

 

桜が咲き誇る表参道は結婚式などの撮影に力を発揮しそうです。

 




 
 

二宮様がお出迎え。

「経済なき道徳は戯言であり

道徳なき経済は犯罪である」

うーん、深い。

特に道徳なき経済は犯罪であるは良い文句だ。

現代の腐敗した世の中はとても見せられない。。

 

 

 

 

綺麗な庭園のあとは、

 

 

 

嫌いな鉄の鳥居!!!!

邪道でもご利益無くても良いので、くぐらずに脇から行きましたw

以前に鉄の鳥居をくぐって頭が痛くなったので、

それ以来嫌いです。

脇からそろりそろり。

 

二宮様の拝殿!

 

派手さは無く、とても良い社殿。

こちらは好感持てる。

 

 

 
 

二宮様に謝りつつ、参拝終了。

境内はそんなに広くは無いので、参拝したら終わりという感じ。

広いのは何と言っても小田原城!!

桜レポート!!

 

 

桜もお城も美しい!!

 

2016年に改修を終え、真っ白な姿を見せてくれる。

 

 

 

松が高い!

 

 

城内にお猿。

 

総括

鉄の鳥居を避けて参拝したので、ご利益のほどはどうかと思うが、

基本的に鉄の鳥居の神社に癒しパワーは少ない気がする。(相性の問題か)

創建が近いせいか、明治神宮と似た空気を感じた。

桜の季節は素敵なロケーションなので、日常の散歩コースに良さそう。

 二宮様のパワーをいただきたい方は是非参拝を。

合掌。

 

 

-小田原市
-,

Translate »

Copyright© Jinjarney , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.